可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド

「楽しい」が「チカラ」になる!本当にオススメのロボット教室・科学実験教室

ランキング

おすすめのロボット教室&科学実験教室ランキング!

おすすめロボット教室&科学実験教室ランキング!子どもの理科離れが叫ばれて久しい中、最近はロボット教室や科学実験教室といったサイエンス系の習い事が注目されています。

このサイトは、「子どもに何かしらサイエンス系の習い事をさせたい」と考えている方のために、人気のロボット教室や科学実験教室の情報をまとめました。

まずは、とくに人気の高い教室をピックアップ。どんなことが学べるか(身に付くか)、教室がある地域や費用、授業内容を比較してランキングにしてみました。

 

1  ヒューマンアカデミーキッズサイエンス ロボット教室

どんなことが学べる&身につく?
 
1位 ヒューマンキッズサイエンス ロボット教室
詳細はこちらへ
 
教室 全国に約500教室
費用 ※ベーシック+アドバンスコースの場合
<入会時のみ>
入会金:10,500円
教材費:30,000円

<月謝>
授業料:9,450円
テキスト代:315円
対応学年 小学生 ※文字が読めれば年長児も可
(ベーシック→ミドル→アドバンスコース)
『キロボ』や『ロビ』、『クロイノ』などの製作で世界的に知られるロボット・クリエイター高橋智隆氏が教材を開発
月に2回の講座で1体のロボットをつくるので、飽きることなく取り組める。論理的思考力や発想力・創造力だけでなく図形理解に必要な「空間認識能力」も身に付く。
1回目の授業で作ったロボットを2回目の授業でオリジナルにカスタマイズすることで、動力の仕組み、てこや摩擦など理科の知識を学習。楽しみながら知らず知らずのうちに理数系の知識、考える力、創造力が身につく内容。
 

2  トゥルース・アカデミー

どんなことが学べる&身につく?
 
2位 トゥルース・アカデミー
詳細はこちらへ
 
教室 東京2校・横浜1校
費用 ※ロボットサイエンス(ベーシックI)の場合
<入会時>
入会金:21,000円
教材費合計:52,080円

<月謝>
授業料:9,450円
システム費:1,050円
対応学年 ブロックサイエンス(年少~小学生以上)
ロボットサイエンス(小3~中3)
リトルダヴィンチ(年中~小3)
レゴのブロックを使用するブロックサイエンスコース、オリジナルロボットを作る「ロボットサイエンス」コース、操作・創作活動や実験を繰り返す「リトル・ダヴィンチ理数教室」の3コースがある。
各コースの各ステップごとに教材費がかかるが、多彩なカリキュラム内容とレゴやロボットといった子どもの好奇心をくすぐりながら、科学者や研究者の思考方法を身につける本格教室。
 

3  ロボット科学教育 クレファス

どんなことが学べる&身につく?
 
3位 ロボット科学教育 クレファス
詳細はこちらへ
 
教室 北海道・新潟・関東・愛知・大阪・奈良・広島・徳島などに35教室
費用 ※ジュニアコース(ブロンズ)の場合
<入会時>
要問合せ
<月謝>
受講料:11,550円
対応学年 年長~高校生
(ジュニアコース※3ステップあり、ミドルコース)
早稲田大学理工学術院の高西淳夫教授がアドバイザーを務める本格的なロボット教室。
レゴ社のマインドストームシリーズを使用し、段階を踏んで本格的なロ ボット作りにチャレンジする中で、プログラミングやPC、理系の知識も自然に身につく内容。全国各地に教室が開かれており、受講前のプレスクールで教室の雰囲気を体験することができる。
 

4位 サイエンス倶楽部

どんなことが学べる&身につく?
 
4位 サイエンス倶楽部
詳細はこちらへ
 
教室 東京・神奈川・千葉・埼玉・兵庫に22教室
費用 ※小学生コース(2年生)の場合
<入会時>
入会金:20,000円
施設費:24,000円
通信費:3,700円

<月謝>
会費:12,800円
対応学年 年中~中学生
(幼児コース、小学生コース、中学生コース)
科学実験教室の先駆け的存在で、豊富なノウハウあり。
体験をベースに、プログラムはすべて「実習」で、野外実習や海外実習も充実!施設が充実しているため施設費など諸費用は年中クラスで21,200円、小学生クラスで41,700~47,700円と高めだが、本物志向の人にはオススメ。
宇宙開発やロボット工学を探求する中学生コースも理系志向には◎。
 

5位 ベネッセ サイエンス教室

どんなことが学べる&身につく?
 
5位 ベネッセ サイエンス教室
詳細はこちらへ
 
教室 東京2校・横浜2校
費用 <入会時>
入会金:10,500円
白衣など:2,830円

<月謝>
学年に関わらず一律で9,800円
対応学年 年長~小6
(幼児コース、小学1~6年コース)
初期費用も入会金10,500円と白衣・ゴーグル代のみで、価格は安い印象。ベネッセのノウハウを活かしたオリジナル実習ノートを用い、課題発見から検証・考察までを繰り返すことで「自ら考える力」を育む。
学年に応じた細かいクラス分けで、どの段階の子どもにもピッタリのクラスが見つかりそう。自宅教材があるのも魅力の一つ。

※個人が調べた情報を掲載しています。詳しい内容、最新の情報についてはリンク先の各ホームページをご覧ください。

 

ロボット製作で楽しみながら自然に可能性を伸ばす

年間12体の個性的なロボットを制作するヒューマンキッズ数あるロボット教室・科学実験教室の中で第1位に選んだのは、「ヒューマンアカデミーキッズサイエンス ロボット教室」です。

全国各地に教室を展開していて気軽に通わせやすいこと、コースに関わらず9,450円という授業料、また教材費のロボットキット代が入会時にしかかからないことなど、ほかのスクールと比べたコストパフォーマンスの良さが決め手になりました。

もちろん、授業の面白さも魅力です。コンテンツは世界初の人間型宇宙飛行士ロボット『キロボ』や『ロビ』、『クロイノ』などで世界的に注目されているロボット・クリエイターの高橋智隆氏が開発したもの。
毎月2講座で1体のロボットが完成するので、1年で12体ができあがります。個性豊かなロボットを毎月自分の手でつくり上げることで、子どもは1年中ワクワクしながら教室に通うことができます。

失敗は成功の入り口!自然に理数系の基礎力が身につく

「ヒューマンキッズサイエンス ロボット教室」ヒューマンアカデミーキッズサイエンスのロボット教室では、ロボットキットをただ設計図の通りに作るのではなく、毎月2回目の講座では独自にカスタマイズをします。

ゲームなどを取り入れながら、教室の仲間とともに「こうしたら、どうなるか」と考えながら試行錯誤を繰り返していきます。「なんでだろう?」「どうやったらうまくいくんだろう?」という心を磨き、物事に最後まで集中する力を養います

こうやって楽しみながら知らず知らずのうちに、動力の仕組みや「てこ」や「摩擦」といった理科の知識が身についていくのです。

失敗は成功の入り口!自然に理数系の基礎力が身につくそのほかにも、論理的思考力発想力、想像力、図形理解に必要な「空間認識能力」、創造力忍耐力なども、自然に育むことが期待できます。

単に理数系を伸ばしたいだけでなく、子どもの柔軟性を伸ばしたいと通わせている保護者も多いようですよ。

子どもたち、保護者からの評判は?

ロボット教室ってどんなところなのか、実際にそんな力がつくのかどうか、本当のところが気になりますよね。そこで、現在、教室に通っている保護者の方や生徒さんの口コミを集めてみました。

理数系が苦手だったのですが、理科にも興味を持ち始めてくれました。二人の子どもを通わせていますが、二人ともとても楽しそうです。楽しみながら考える力や創造力を身につけてほしいですね。(保護者)

ロボット教室は、「しくみ」がわかるのでそれが楽しいです。将来は科学者になってドラえもんの道具を作れるようになりたい!(生徒)

「動くロボット」を作れるのが面白い!うまく動かないときもあるけど、そんなときはロボットをよく観察して、原因を探してやりなおすようにしています。(生徒)

毎月だんだんと難しいものを作れるようになるのがうれしい!決められた材料で作るのではなく、自分でロボットを作っている高橋先生のようになりたいです。(生徒)

時間内に作り終えることができずに先生に授業の後に指導してもらったり、家に持ち帰って完成させることもありますが、投げ出さずに最後までがんばっているということは、きっと面白いんだと思いますね。(保護者)

ヒューマンアカデミーキッズサイエンス ロボット教室では気軽に体験授業が受けられるので、興味をもたれた方は、一度近くの教室に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

お近くの教室をチェック!
▼ ▼ ▼

ヒューマンアカデミーキッズサイエンスロボット教室の公式サイトはこちら

 
可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド