可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド

「楽しい」が「チカラ」になる!本当にオススメのロボット教室・科学実験教室

ランキング

HOME » ロボット教室・科学実験教室で育む子どもの力 » 発想力・創造力

発想力・創造力

このページでは、ロボット教室や科学実験教室に通うことによって育まれる、柔軟な発想力や創造力について解説していきます。

柔軟な子供の想像力を磨く

柔軟な子供の想像力を磨く時に子どもは、大人が驚くような発想をするものです。子どもはそれだけ純粋で、大人と違って柔軟です。
ロボット教室や理科実験教室に通うことで、そんな子どもたちの想像力や発想力を磨くこともできます。

ロボット教室の場合は、先生の指導や設計図に沿ってロボットを組み立てていきますが、ただ組み立てるのではなく、ロボットのしくみについて考えながら、自分だけのオリジナルロボットを作ります。

「こうやったら、もっとうまくいくのではないか」という仮説のもと、遊びながら試行錯誤を繰り返し、“自分の手”で“自分のアイデア”を反映させることで、子どもの想像力は培われていきます。

子供の発想力と柔軟性を育てる

学校での座学や家にあるゲームなどで遊ぶだけでは、子どもの発想力や柔軟性は育ちません。
科学実験教室でも、自らが工夫し、さまざまな角度から実験を行なうことで、柔軟性や発想力が育ちます。

デザインセンスを磨く創造力も培われ、感性も磨かれます。また、それらは脳を活性化させることにもつながります。

ちょっと不器用だと思っていた子どもでも、少しずつ器用に、さまざまなことをこなせることになるようです。

感動と達成感!

実験が成功したとき、思いもしなかったロボットができたとき、子どもたちは驚き、感動します。
理科に興味がなかったり、苦手に思っていた子どもでも、この感動体験を通して理科を好きになるケースはかなり多いようです。

保護者も同じように感動することがあります。子どもの豊かな発想力に驚き、自分の子どもの可能性や努力に感動するのです。

子どもたちの感性は、私たちが思っている以上にずっと豊かです。しかし、その感性は磨かなければ育まれません

子どもだけでなく保護者から、こういったスクールが支持されている理由はここにあるのです。

 
可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド