可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド

「楽しい」が「チカラ」になる!本当にオススメのロボット教室・科学実験教室

ランキング

HOME » ロボット教室・科学実験教室で育む子どもの力 » 理数系の基礎力

理数系の基礎力

このページではロボット教室や科学実験教室に通うことによって育まれる、理数系の基礎力や図形の理解が深まる空間認識能力についてご紹介します。

理数系の基礎力と空間認識能力が身につくわけ

科学実験教室の場合は、子どもが興味を持つような工夫をしながら授業を行なうので、生物学や科学の知識が自然と身についていきます。

教室によっては算数パズルで理数系の地頭の基礎を作ったり、中学受験の対策コースを設けているスクールも。

押しつけではなく、自らの手で楽しみながら実験することで、実験に必要な理数系の基礎力を学ぶことができるのです。これは、学校での成績にも影響する場合が多いようです。

空間認知能力を鍛える

ロボット教室の場合も同様です。
ロボットの場合は、「平面から立体へ、立体から平面へ」を繰り返す作業が多いので、空間認識能力を身につけることができます。

「空間認識能力」とは、物を立体的に把握する能力のことですが、これは中学受験の図形問題などを解く上で非常に役立つ能力です。
PCを使ったり、プログラミングなども学べることから、理数系のさまざまなスキルが身についていきます。

また、学校では学べない専門知識が後になって生きてくることも。

中学生になったとき、「ああ、これは小学校のとき、ロボット教室でやったことだ」と思えることは意外に多く、理数系の予習となっていることもしばしばあるようです。

つめこみの勉強は嫌だけど…

理数系を苦手な子どもは多いようです。しかし苦手なのは学校の授業だけで、やり方を変えれば理数系が大好きになる場合もあります。

論理的な思考を学ぶことは、理数系に進まない場合でも非常に大切なことです。

また、発想力や想像力を磨くこと、社会性や協調性を培うことは、子どもさんが生きていく上で必要なこと。
学校の座学では興味が持てなくても、遊びながら自然に学べるロボット教室や科学実験教室を嫌がるお子さんは、滅多にいません。

理数系が苦手だったり、中学受験を考えているお子さんにこそ、ぜひスクールで学ぶことをオススメしたいと思います。

 
可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド