可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド

「楽しい」が「チカラ」になる!本当にオススメのロボット教室・科学実験教室

ランキング

HOME » ロボット教室でのママが思う疑問を解決 » 何年生の子が多いの?

何年生の子が多いの?

 ロボット教室に通う子どもは何年生の子が多いか、調査してみました。

何年生の受講が多いのかを確認する

ロボット教室は、木工のパズルやレゴを組み立てたりするものから、コンピューターのプログラミングを扱うものまで様々なものがあります。子どもたちの発達にあわせて対象年齢が決められていることも多いです。

例えば、木工パズルの組み立てなどは、日本語が読み書き出来ればokで、小学一年生、もしくは平仮名が書ければ年長さんから大丈夫な場合もあります。そこで心配になるのが、対象年齢が小学生と書いてある場合は「小学生の中でも何年生の子が多いのか」「うちの子が行っても大丈夫か」という点ではないでしょうか。

たいていのロボット教室では大人の説明をすぐに理解出来るような三年生から六年生くらいのお子さんが一緒に活動しています。また、教室の中でもコースやレベルが分かれており、入った時期や学年などに応じて選べるところもあるので、気になっているロボット教室があれば、一度問い合わせてみるのも良いかもしれません。コンピューターのプログラミングなど高度な内容の場合、小学校高学年から高校生くらいまでが対象となります。

ただ、一番大切なのは子どもが何年生であるかではなく、どれだけロボット教室に興味関心があるかどうかなので、無料の体験教室に親子で参加してみるのも一つの手でしょう。多くの教室で無料の体験教室や、見学を行っています。子どもたちの科学への興味関心は小さい頃からの「なぜ?」や「不思議」を大切に汲み取ってあげることで育まれます。また、自分で一から創造すること、粘り強く考える経験は子どもが成長する大切な糧となります。

ロボット教室では、そのような体験の他にも、いろいろな学年の子たちと一緒に活動する事で、学校では得られない物が得られます。

 
可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド