可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド

「楽しい」が「チカラ」になる!本当にオススメのロボット教室・科学実験教室

ランキング

HOME » ロボット教室でのママが思う疑問を解決 » 学校の授業に活かせる?

学校の授業に活かせる?

科学実験教室は、学校の授業でどう活かすことができるのかを考えます。

教室で学んだことが学校教育に活かせる

みなさんは科学実験教室という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

実施する場所や、主催する機関、扱うテーマ、対象年齢も多種多様ですが、理科教育の面からみると、子どもの学習に活かすことができる、とても良いものだといえます。

普段子どもたちが学校の理科の時間に見たり行ったりする実験は、授業回数やカリキュラム、学校の設備の関係で、どうしても限られています。

そこで、他の機関が主催している科学実験教室は、普段の授業では体験できないことを経験し、わくわくするよい機会となり、理科的好奇心を抱いたり、興味を持つきっかけを作ってくれます。

また、科学実験教室は、長期休みの自由研究に活かす事もできます。自由研究は子どもの科学的探求心や好奇心を引き出すだけでなく、テーマに関する情報を自ら調べ、理解し、自分なりにまとめるといった情報処理能力や表現力の育成にも役立ちます。

これらの能力は改訂された理科の指導要領でも重視されている能力であり、これからの社会を担う人材には欠かせないものです。科学実験教室を上手く能力向上に活かすことも、優秀な人材を育てるといった観点からみてとても大切なことと言えるでしょう。先行きが不安な未来を背負って生きていく今の子どもたちを優秀な人材に育て上げることは、子どもを持つ親や、教育に関わる教員などの使命でもあります。そういったことを胸に留めつつ子どもたちと関わっていきたいですね。

 
可能性を伸ばす! ロボット教室・科学実験教室ガイド